辛い症状を改善

欄の花と女性

マッサージ治療を継続することで得られる痛み等の緩和

首や肩や腰などに痛みや痺れなどある場合は、実際に骨のほうに異常がある場合と、そうでないような神経が過敏な状態や血流が悪くなっていて重だるい状態や何らかの原因で炎症を起こしているような場合などがある。 整形外科でその痛みや痺れの箇所の写真をとり、実際に骨に異常があり、神経に触れているような場合は、手術が必要な場合もあるが、手術ができない、または手術のリスクを負うより痛みやだるさなどを緩和したい原因が良く分からないような痛みの緩和などを望むようなときはマッサージが有効である。 マッサージは揉み解すことにより血行をよくし、痛みや痺れ等出ている過敏な神経を和らげ痛みや痺れを緩和することにより効果を発揮する。 マッサージは身体を使っては治療し、治療したらまた身体を使いということをするので、継続的に治療を続けることが大事である。 マッサージ治療を継続することにより、痛みや痺れが緩和してきて、身体だけではなく痛みなどが除去されることにより気分や体調まで向上すると精神的な効果も得られる。 そういうわけで、マッサージは継続することが大事ではある。

漢方薬や鍼灸なども含め東洋の医学も見直されてきている

今では主流の西洋医学のように痛みがでたら手術して取り除く、過敏な神経を薬により和らげる的な外科的内科的治療も主流ではあるが、最近は昔ながらの医学であるマッサージや鍼灸、漢方薬など、効果は即効性なく遅くても、徐々に内面的に痛みや痺れ等を緩和しつつ長い期間かけて治していくという東洋医学的治療法も見直されてきており、西洋と東洋の医学を組み合わせた医学のようなものも今では効果があるという見解にもなって着ている。 そのため、マッサージは続けていかなければならないので、医療費としては結構な金銭的負担も大きい。 だが、最近はマッサージや鍼灸、漢方なども健康保険の適用になる場合もあり、経済的にも通いやすくなってきた。 痛みや痺れ等の原因そのものを除去して治すという根治療法とは違い、原因の不明なものでも治療を続け、痛みや痺れなどを緩和しつつ身体を長く維持するという東洋医学的療法も今や治療方法としては有効とされている。 そういう原因が特定されにくいような痛みや痺れの緩和をしつつ身体を維持するというような場合にマッサージを継続することは有効である。

このエントリーをはてなブックマークに追加